グネグネ曲がる フレキシブルLightningケーブル DN-10665を試す⇒壊す

グネグネ曲がる フレキシブルLightningケーブル DN-10665を試す⇒壊す

スッキリと場所を取らずに充電できるケーブル

先日Mac People3月号に載っていたiPhoneとかの充電に使うLightningケーブルが気になったので早速買って使ってみました。

もともと買った動機は、普段から充電とか長いケーブルを使っているんですが、あれって床に置いたりしてるとちょっと汚らしい。(自分のiphoneだけだったらいいんですが、Androidもあるし嫁のiphoneもあったりでケーブルが2本3本あったすると片付いてないようで落ち着かない)

もちろんの事ながら、床に置いたりしていると誤って踏んだりするリスクもありますし…

普段はこんな感じです。これにまた下のプラグに別のスマホとかiPad miniとかを充電したりするのでゴチャゴチャするんですよね。

スポンサーリンク  

DSC_1783

かと言ってスタンドとかで机の上に置いといたりすればいいのかと言うと、やはり目の届くところに置いときたいわけですよ。

そんな感じで何かイイ方法ないだろうかと考えていたところで、グットタイミングに私の視界に入ったのが、コレなのです。

 

ドスパラが運営する「上海問屋」から発売している、Lightningケーブル「DN-10665」

通販で1,299円と普通のケーブルよりはだいぶ割高です。

ちなみにドスパラの店舗でも探しにいったのですが、見つからなかったので店舗で買いました。

商品写真を見ての通り、もともとが8cm程度の硬い棒のようなケーブルなのですが、途中で折り曲げてUSBのプラグに差して使えます。

これを使うとだいぶスッキリ感が出るのではないかと思ったわけです。

 

役割としては十分だが不安材料も…

届いた時はこのような簡易包装に入ってました。

DSC_1779

もう片方のインターフェースはUSBです。

DSC_1780

90度ぐらい曲がられます。当たり前ですがそれなりに硬くて曲げるのに力が入ります。

ただ、途中どこでも曲げられるのかと言うわけではなく、写真にある通り真ん中当たりしか曲げられないようになってます。

DSC_1782

実際にiphoneを装着した感じ。

スッキリしていいですね。これなら着信とかメッセもすぐ目に入りますし。

DSC_1784

横から見ると、やはり重さで前のめりになってしまいます。

ちょっとUSBのプラグ側に負荷がかかりすぎてる感じがして、強度的に不安ですね。

DSC_1789

もちろん直接Macに差してもOK。

データのやりとりやUSBテザリングも問題なく使えます。

外出先でこんな感じでしているとカッコイイかも?!

DSC_1822

ちょっと残念なところは、さっきも言いましたがiPhone5ぐらいの重さだと、ちょっとUSB側のコネクタに負荷がかかりすぎだとおもうので長い間使ってるとグラついてきそうです。

DSC_1808

取る時も両手でしっかり押さえながら取らないとプラグから抜けてしまったり、扱いが荒くなったり何かの拍子にぶつかった時など壊しそうでちょっと怖いです。

Mac本体側のUSBとかにもダメージを与えそうなのでちょっと使うのに気を遣いそうなのが気になるところです。

 

と言ってる矢先に不安的中!

そんな事を考えながら、このケーブルをつけたままiPhoneを持ち歩き、何も考えずにケーブルにグッと力を入れたら、何か折れる感触が…

根元からLighitningコネクター側が根元からボッキリとイッてしまいました…

DSC_1823

さすがにこうなってしまうともはや修復不可能。

私のようにモノの扱いが少し雑な人間には向かなかったようです。

扱いの荒さもあったのですが、やはりちょっとした強い力でこうなってしまうので、扱いにちょっと気を遣うパーツであることは間違いないです。

アイデアはよかったのだけどね~

ジャンクっぽいモノだし、値段も値段なんで仕方ない!

 

さて、またゴチャゴチャしたケーブル生活に戻るか、それともスタンドを部屋ごとに置いておくかも考えたほうがいいかな。

こんな感じで、使っていてイイモノを紹介していくのもいいけど、イイんだけどちょっと惜しいところがあったり注文が付いたりするモノを今後もあれば紹介していきます。

このブログを気に入って頂けましたらFeedlyに追加して定期購読して頂けるとうれしいです!
follow us in feedly
スポンサーリンク