一年の締めくくりにはショボい話ですが、四十肩の経過など。。。

一年の締めくくりにはショボい話ですが、四十肩の経過など。。。

気が付けばあっと言う間の大晦日。

 

ウチの近所は川崎大師がすぐ目の前なので、普段は静か…を通り越して閑古鳥が鳴いている駅周辺や祈祷殿の駐車場が大賑わいとなる季節がやってきたのだなと。より一年の区切りというのを感じさせる土地柄であります。

 

歳を追うごとに、その「区切り」の間の時間がだんだんと短く感じて、人間誰しもが訪れる「死」へのカウントダウンが近づいてくると誰もが感じるものなのか、それとも歳とともに見えなかったことがいろいろと見えてくると、その情報の多さを処理することに追われて時が経つのが早く感じるのか。。。いずれにしろ毎年のように「ついこないだあの大賑わいを見たばかりなのに。。。」という独り言がお決まりになっています。

スポンサーリンク  

その2016年もいろいろあったわけですが、一番悩まされたのは何といっても四十肩。

昨年の10月末頃から左肩に違和感を感じだして、一年前の今日の時点では症状も痛みがあるものの上がらなくなるというわけではなかったので、まさか四十肩を発症しているとは思いもしませんで。。。

 

4月頃の痛みをピークに何度かブログにて経過を書いてきたわけですが、8月初を最後にブログの放置ととともに四十肩の経過についても触れてなかったなと。

この年の締めくくりの話としてはなんとは冴えない話ではありますが、丸一年お付き合いさせられた出来事でもあるので、備忘録的に書いておきます。

 

四十肩については、8月の更新を最後にあれから5ヶ月経ったわけですが、

最初に今の状態を話してしまいますと、まだ完治はしていません(笑)

 

ただ、日常生活をするにはほぼ困らないレベル。

 

特に一時期悩まされていた、痛みで寝つきが悪くなったり目が覚めてしまったりといったことはまったくなくなりました。

 

腕の可動の方も腕を前に持って行ってそのまま真上に挙げる動作は完全とまで行かないにしても9割ぐらい。腕を反対の右肩辺りまで横に伸ばす動作も痛みやぎこちなさはあるものののこれもOK。

後ろで手を組んだりも何とか出来るぐらいにはなりました。

ただ相変わらず、真横に手を伸ばしてそこから真上に挙げる動作は真横より上には持っていけません(涙)

 

肩甲骨周りに筋肉のしこりがまだあるなと感じているので、横から後ろにかけての動きはまだまだもう少しかかりそうですね。

 

今、2月末まで都内の企業さんに常駐しており、10数年振りに都内に向かう痛勤電車を使う事になって多少不安はあったのですが、今のところは大丈夫そう。さすがにまだ左でつり革を掴めるレベルではないので。。。空いている時はリハビリに左でつり革を掴むようにしてますが。

 

それと、直接四十肩と関係はない事ですが、2年振りにジム通いを復活させました。

といっても、無理なく週1回ペースでありますが。

 

左の腕や肩の筋肉がだいぶ落ちてしまっているので、それのリハビリもありますが、長年通い続けていたトレーニングをやめてしまってから、2年間ずっと故障に泣かされっぱなし。(しかも全て左半身)

さらに、特にここ一年で6kg近く太ったりと若い時からキープしていた体のバランスが一気に崩れてしまったなと感じて、このままズルズルとオヤジ体型化しそうな危機感から、少しずつ元に戻すことにしました。

ここ2年で肌荒れや乾燥肌もひどくなったしねぇ。。。(´Д`)

 

ちょっと話が逸れてしまいましたが、四十肩の状態はそんな感じで順調に回復しているのかどうか基準がわからないので何とも言えないですが、少しずつ着々と良くなりつつあります。

希望を言えば、桜が咲くころにはほぼ全快してもらいたいなぁと。

 

そんな感じでの2016年の締めくくりとなりましたが、これから大晦日の夜は友人宅にお邪魔して、明けの2日間はこの一年を振り返りながら、この先一年さらにその先の事を考えていく時間にしようと思います。(既にぼんやりといろんな事は考えているので整理ですかね)

2017年は酉年。年男ということもあり、一度いろんな事を初心に帰ってやっていきたいなという一年にはしたいと思います。

 

2016年も関わって頂いた方々には大変お世話になりました。

年明け最初の更新はきままなブログゆえ未定ですが(笑)、また来年も変わることなく宜しくお願い申し上げます。

それではよいお年をお過ごしください。

 

2016年大晦日。

 

このブログを気に入って頂けましたらFeedlyに追加して定期購読して頂けるとうれしいです!
follow us in feedly
スポンサーリンク