iPhone6のケースなら『abicase』 裸持ち派の私も納得の本革ケース

iPhone6のケースなら『abicase』 裸持ち派の私も納得の本革ケース

アナタが使っているiPhone6のケースはどのようなモノをお使いですか?

iPhoneを購入してから…というより同じタイミングですることと言えば、液晶保護フィルムとiPhoneケースの購入じゃないでしょうか?

液晶保護フィルムは用途に合わせて選べばいいだけなので、さして考えることもないですが、一番悩ましいのはiPhoneケースですよね。

スポンサーリンク  

あれだけ多くのケースがラインナップされているとどれを買ったらいいか迷いますし、5s以前の頃にお気に入りだったケースがまだ6用のが出ていないので対応するまで繋ぎで他のを着けておこうと思ってる人もいるでしょう。また、気に入った複数のケースをコレクションしたりだとかその日の気分によって着せ替えしたり、各々楽しみ方がありますからね。

それで私はというと、実はケースは着けておらずいわゆる裸持ちにしています。

ケースをするとiPhoneに限らすAndroidのスマートフォンでもなんか元のデザインが台無しになるというか…イマイチ納得できるモノがなかったんですよね。

Androidの時はケースを使っていたのですが、なんか安っぽく見える上に使って傷がついたり汚れてくると余計にそう見えるので、いつの間にか裸持ちにしてました。

iPhone5sはいきなり2日で落として角にキズがついたので、さすがに枠の部分だけカバーをしてたのですが、これもいつのまにかハズして裸持ちに。

良く手を滑らせたり、バスや電車の中で手に持ったまま寝オチして落としたりして細かいキズが沢山残りましたが、液晶だけは幸運なことに今まで割れることはなかったです。

そんな感じで、iPhone6になってからも裸持ちにすることは決めていたのですが(実はそれ以前に気になるケースが一つあったのですが…)、やはり今回の色はゴールドということもあって落として傷がつかないように今まで以上に扱いには気をつけています。それでも1度落下させてしまいましたからね。あいにく家の中だったので目立つような傷にはならなかったですが、かなり焦りました。

ランニングの時だけはアームバンドタイプのケースに入れて走っているのですが、今使っているアームバンドケースは5s用のなので、当然のことながら6は入れられません。

ということで6用のアームバンドを探して見ましたが、まだ6専用のアームバンドは出回ってないんですよね。Androidにも使える汎用的なタイプのはあるんですが、隙間が出来たりすると直接入れたまま操作しずらかったりするので、専用タイプが出るのを待とうかなと思っていたのです。

そんなことをFacebookに投稿したら、ブログ『Stryhの日記 ~syryh/changelog』の管理人である齊田さんから『abicase』を勧められまして。実は先程書いた気になるケースというのはこの『abicase』だったんですね!ブロガーさん達の間でも使っている人が多くてあちこちで賞賛の声が上がっているので以前から気になったのです。

  • abicaseのHP。

abicase


 

  • Stryhの日記 ~syryh/changelog。abicaseの素晴らしさについて熱く書かれている記事が多数あるので是非に!

stryhの日記 ~stryh/changelog


 

唯一気になるところは手持ちになるんで滑らせて落としたりしないかな(ウェアのポケットに入れるのは中でガサガサ動くのでダメなんです)ってところなんですが、滑りにくい本革製品ですし、なんといってもストラップの先端に指を入れる穴があるので、ほぼ落下の心配はなさそうだなぁと。

普通のケースでは使ってるとただキズや汚れが出てきて新しいのに替えるだけですが、『abicase』は本革製品なので使えば使うだけ馴染んで味が出てきます。手入れに少し手間はかかりますが、それを含めて本革製品を持つ楽しみではありますよね。

ということで早速ネットで注文。完全オーダーメイドなので注文してから1週間ぐらいはかかるようなのですが、2日ほどで発送のご連絡を頂きました。(abicase 米原さん、Facebookやメールでこまめに状況のご連絡ありがとうございます!)

昨日は一日外出していたので、手にしたのは夜になってから。レターパックで届いていました。

写真 2014-09-25 20 09 57

開封します。

写真 2014-09-25 20 12 26

abicaseお馴染ネコのロゴ。カワイイロゴで癒されますね。

写真 2014-09-25 20 14 31

じゃーん!。このabicase。いろんなデザインのモノがラインナップされていますが、私が買ったのはごくオードソックスなデザインのモノ。

写真 2014-09-25 20 26 16

このabicase。いろんなデザインのモノがラインナップされていますが、私が買ったのはごくオードソックスなiPhone6用のウォレットジャケット。色はキャメル。ほかに飴色、チョコ、ブラックの4種類の色があります。

abicaseロゴのステッカー。どこに貼ろうか考え中~。普通ならMacbook Airに貼りたいところだけど皆とカブっちゃいますしね(^^;;

写真 2014-09-25 20 26 32

全体を写したモノ。

写真 2014-09-25 20 15 41

上質で耐久性に優れている本革サドルレザーを使用。うーん、実に美しい。

写真 2014-09-25 20 16 58

ウォレットジャケットなので、ICカードや紙幣などを収納できるようになってます。ウチの家の鍵がICカード形式なのでコレ大きなポイント!

写真 2014-09-25 20 17 24

手縫いで丁寧に仕立ててます。味がありますね~

写真 2014-09-25 20 22 05

写真 2014-09-25 20 22 32

そしてiPhone6を装着!スタイリッシュなiPhone6のデザインとの相性も抜群!

写真 2014-09-25 20 30 04

当然のことながらカメラやボタン部への干渉もありません。

写真 2014-09-25 20 34 26

写真 2014-09-25 20 33 54

写真 2014-09-25 20 34 02

写真 2014-09-26 9 56 13

PASMOと家のICカードを入れたところ。2枚でも何とか入りますが差込口が広がってきそうなので表から入れて、完全に中に隠してしまいました。

写真 2014-09-25 20 38 13

ちなみに、iPhone6の電磁波が干渉してそのままではセンサーが反応してくれないですから、電磁波干渉防止シートは必須です。あとで行って来よう!

実際の使用感の話。

それなりに薄いケースとは言え、iPhone6自体がスリムなのでそれなりに厚みが増す分、裸使いよりも指が届く範囲が狭まります。

なんですが、これはあくまで同じ持ち方をした場合であって、abicaseを装着したiPhone6はかなりラフな持ち方でもホールド感が高いので、使い勝手はほぼ裸の時と変わらない感じです。

さらにこのストラップの先端の輪に指を通しておくことで安心度が高まります!これ、手で持たずにブラブラさせながら歩くこともできるのでかなり使えますよ!

ちょうど、疲れも取れてタイミングよくランニングを再開しようと思っていたので、abicaseと共に走ってきました!

普通のケースだと手の汗で滑ったりで手に持って走るのは不安なんですが、走っててもabicaseはホールド感が高いですしストラップの輪があるので安心して走りに集中できます。

あと手持ちのメリットはすぐその場で写真が撮れることですね!いままではアームバンドだったので、いちいち出して入れなくてはならずしかも一度出すとアームバンドを外さないと入れられなかったのでランニング中に気軽に写真を撮るなんてことができなかったのですが、このabicaseならラクラク撮れます。

写真 2014-09-26 12 26 07

ランニングでも使い勝手のいいabicase。まだ新しいので革が固めですが、使っていくうちにiPhone6に馴染んでいい味を出していくことでしょう。

今回買ったデザイン以外にもさまざまなデザインのがラインナップされていて見てるだけでも楽しいので、長く愛着の持てるiPhoneケースをお探しの方は是非!!

 

abicase



このブログを気に入って頂けましたらFeedlyに追加して定期購読して頂けるとうれしいです!
follow us in feedly
スポンサーリンク