デジカメ撮影にありがちな失敗。バッテリーとメモリーカードの予備は忘れずに!

デジカメ撮影にありがちな失敗。バッテリーとメモリーカードの予備は忘れずに!

皆さんは写真撮影(じゃなくても旅とかでもいいんですが)に行く時って荷物は多い方ですか?

 

ちなみに私はかなり多い方です。撮影機材にしても、旅に必要な服や身の回りのモノにしても、今回コレは恐らく使わない可能性が高いな?と言うモノでもその可能性がゼロと思わない限り念のため。。。とついカバンの中にしまいこんでしまいます。

結果はというと、実際あってヨカッタ~と思う事もあるにはあるのですが、それ以上に使わないケースのが圧倒的に多く、恐らく持っていく荷物の中で半分近くは使わなかったというケースのが多いです。

 

備えあれば憂いなし。。。なんですが、その分機動力も落ちたり、鞄の中のモノさがしが始まったり忘れ物のチェックも大変だったりするので、もう少し荷物を減らすようにしたほうがいいのかな?と思ったりもしています。

写真の機材なんかも、それなりにかさ張るので極力使わないであろうモノは持っていかないという考えの人も多いかと思います。

荷物持ちの私も、日帰り程度の距離で撮影に行くときはかなり割り切って必要最低限の機材しか持たないようにはしています。特に電車での移動はね。。。やはり足腰への負担も大きいので(^^;;

 

そんな時にも絶対と言っていいほど忘れないようにしているのが2つ。

予備のバッテリーとメモリーカード(SDカード、CF等)。

スポンサーリンク  

ある程度写真をやられている方であれば、無条件の必須アイテムなんですが、写真にハマり始めの頃はこの予備のバッテリーとカードを持ってなかったばかりに、せっかくのチャンスを逃したりする経験というのは少なからずあると思います。ちなみに私はバッテリーとカード両方とも経験しました。

 

まずバッテリーですが、デジカメのバッテリーは本当に持たない。特に容量が小さい上に電子的な動作が多い、ミラーレス機やコンパクトデジカメは、その日一日撮影メインで過ごすようなシチュエーションでは半日もあれば軽く一本なくなってしまいます。

デジタル一眼レフもミラーレス機に比べるとバッテリー容量が大きい上に電子ビューファインダー(EVF)のようなバッテリーの消耗が激しいデバイスを搭載しているわけではないので、バッテリー持ちに余力がありますが、光学ファインダーでなく背面モニターからのライブビュー機能での撮影を多用していると、あっという間にバッテリーを消耗するのはミラーレス機と同じです。

その日丸一日の撮影を想定した場合、デジタル一眼レフ機で最低1つ、ミラーレス機やコンデジなら最低2つの予備バッテリーは用意しておいた方がいいでしょう。さらに突然の故障や破損のリスクを考えるとプラス1用意しておいたほうがよりベターです。

ちなみに私はミラーレス機で3つ常に持ち歩いていますが、やはりもう一個あった方が安心だなとは思いますね。ごくたまにですが3つめまで使うケースもあるので。(とは言っても高いですらかね)

 

メモリーカードについても、こちらの方はカードの容量と撮影枚数によると思うので一概には言えないところですが、その当日一枚のカードで賄える程度の枚数を想定した場合。同容量のカードを1枚もしくは2枚の予備を持っていくようにしています。

特にSDカードなんですが、コレ以外と簡単に壊れるんですよね。私はまったく中身が見えなくなった経験はないのですが、突然書き込めなくなったりする経験は何度かあってカードを交換しています。その時に一度予備のカードがなく、しかも少し奥まった地方に行った時だったので、カードの入手に少し手間取った苦い経験があってから、予備のカードを必ず持つようにしています。(もちろんその間のシャッターチャンスは指をくわえて見ているだけでした)

 

あと、よくある失敗として、デジカメの中に納まっているハズのSDカードが実は電源を入れてみると「カードが挿入されていません」といきなり表示されて、真っ青になることがたま~にあるんです。前日とかにPCに差したまま、そのままカメラ本体に戻し忘れるケースですね。

他にも、PCとかに写真を移行し忘れていて、カード内の空き容量がなかったりだとか、一瞬青ざめる事って意外と多いのです。

そのような時も、予備のカードを持っていれば青ざめるのも一瞬で済みます(笑)

それに、一緒にいた撮影仲間がカードを忘れた時など、ちょっとした人助けにもなりますしね。

写真 2016-01-15 13 02 13

いずれにしろ、この二つがないと何が困るってリカバリーがほぼ効かなくなってしまうことなんですよね。

特に風景写真などはモノが手に入りにくい奥まった場所に行ったりするケースが多いでしょうから、忘れたから、壊れたからといって近所の家電量販店に買いに行くなんてわけにはいかないのです。

いくらいいカメラ本体とレンズを用意して、さて撮るぞと思ってもその動力源と記憶媒体がなければただの鉄クズは言い過ぎにしてもただの荷物でしかないわけですね。写真を撮りに来たのにただのウォッチャーになる(まぁそれはそれでいいのかもしれないですが)憂き目に遭わないためにも、バッテリーとメモリーカードの備えは怠りませぬよう~。

 

このブログを気に入って頂けましたらFeedlyに追加して定期購読して頂けるとうれしいです!
follow us in feedly
スポンサーリンク