メタボ、顔のシワ、ストレス…運動不足の悪影響は大きいと感じるこの頃

メタボ、顔のシワ、ストレス…運動不足の悪影響は大きいと感じるこの頃

最近少しずつですが、ランニング再開しています。

まだ2km弱程度をキロ当たり8分近くをかけているノロノロランニングにではありますが、左股関節の方もランニング後に痛みは感じていないので、2日おきペースですが続けられている感じです。

 

さらに、先週末あたりから軽いストレッチと、家トレも再開しました。

もちろん一気にやるのは怖いのであくまで軽くです。軽く…。

なんでこのタイミングでいろいろと運動を始めたかというと、左股関節の方が通常の7割ぐらい動くようになったというのもあるのですが、一番の理由は運動不足によってさまざまな悪影響が出始めていると感じたからです。

スポンサーリンク  

一つは体重の増加。私は大体64kgぐらいがベストではあるのですが、今の体重は危険水域(70kg)の一歩手前の68.5kg。ただコレくらいの体重になるような事は過去にも何度かあったので、そろそろダイエットしないとマズイな…と思うぐらいでした。

ところが、今回ちょっと厄介なのがまだ股関節がなかなか完治しないので、すぐに運動…というわけにも行かない。そして普段の生活も歩いたりする分にも問題ないけど、やっぱり急に転んだりカラダを捻るような動きがあったりすると怖いので、歩いている時も無意識のうちにヘンな力が入っていたりかばったりしているようで、とても疲れやすいと感じています。

事実お散歩フォトなどで半日も歩き周ろうものなら、次の日はグッタリして何もする気がなくなるぐらい。

外へ出ても疲れるだけなので、必然的に引き篭もりがちになってしまいます。しかし元々動き回るのが好きな性格。引き篭もっている生活を続けていると、だんだん心の方も健康でなくなっていきました。運動ができないのハンデがあるので、放って置くと太っていくだろうと思って食事も少し抑え目にして炭水化物等はあまり取らないようにしていたのですが、このところ体が思い通りに動かないストレスからか、食べ物や夜寝る前の飲酒に走ったりして少し歯止めが利かなくなっていました。

 

こんな生活を2ヶ月ぐらい続けていると、単純に体重が増えるだけには留まらない、よろしくない現実に気がついてしまいました。

最近の事なんですが、外で仕事をしていて途中トイレにいって手を洗うため洗面台に向かい目の前の鏡を見た時に驚いたのが、目尻のしわの数の多さと肌のつやの無さ。

もともと実年齢よりはるかに若く見えるのが特徴?だったはずなのですが、自分の顔を見てわずか数ヶ月で5歳以上は老けこんだのでは?という位、若々しさに微塵も感じられない初めて見る自分の顔にショックを受けました。

 

さらに家に帰って風呂に入る時に自分の体系を鏡に映したときに、単に太っているだけではく全身が締まりのないメタボチックなオヤジ体系になりつつある事に気づかされてダブルのショックを受けました。

さすがに自分は無縁の世界…というか少なくとも自分はメタボなオヤジには絶対にならん!という意思で、ゆるゆるダラダラしながらも、フルマラソンを走ったり、フィットネスクラブで鍛えたりして体重や体型、体力や筋力を維持してきたのですが、一年前から徐々に運動量が落ちてきて、そこに加えての怪我もあり、さらにストレスによる過食や夜の飲酒ですっかりダメなオヤジの仲間入りになるところまで来てしまったようです。

 

ということで、今までの体型と体力を取り戻せるか?それともメタボ体型のオヤジになるかは、まさにこれからの分かれ道。もちろんまだまだ…というより一生メタボにはなりたくない私。もっと言うならばまだまだ今まで以上に体力をつけて、やりたいことが沢山あるのにここで落ちぶれるわけにはいきません。

まだ正直なところ痛みはありますし、怪我する前の状態にまで動かせられるようになるまでにはもう少し掛かる感じですが、少しでも回復を早めるためにも、ムリの無い範囲で全身にプレッシャーをかけていこうと思います。

 

最後に、股関節ってもともと鍛えにくい場所なんですよね。鍛えにくいから経年とともに故障しやすい場所でもあるみたいで、股関節痛関連の本も随分出てるんですね。今回痛めた原因も経年によるものもあるのかなと思ったりで、そういう事も含めてこれからはケアしていかなくてはならいかもしれませんね。

 

このブログを気に入って頂けましたらFeedlyに追加して定期購読して頂けるとうれしいです!
follow us in feedly
スポンサーリンク