横浜・川崎・羽田空港と房総エリアを結ぶアクアライン高速バスを使ってみた!鉄道との比較もしてみた。

横浜・川崎・羽田空港と房総エリアを結ぶアクアライン高速バスを使ってみた!鉄道との比較もしてみた。

初めて使いましたがアクアライン高速バス、なかなか快適で便利です!

 

先週の日曜日、羽田空港からアクアライン経由で千葉県の五井駅まで高速バスを使いました。

たまたま縁あって、鉄道風景写真のロケハンに同行することになりまして。この五井駅から出ている小湊鉄道といすみ鉄道を乗り継いで外房の大原までひたすら歩いて撮ってを繰り返してました。

市原市の中心地である五井は木更津市のやや北側に位置しています。私の住んでいる川崎からだと東京湾アクアラインを使えば30~40分程度で着いてしまう場所なのですが、今はあいにく車も持っていないので五井までも電車を使わねばと思っていました。

川崎から五井まで電車で移動となると、東京や千葉など東京湾をぐるーーーと迂回していかなくてはならず時間も結構かかりそうだし座れるか分からないしで疲れそうだなと思ってたのですね。

8時待ち合わせだったので、どのくらいかかるのかなと調べようとしてふと車があればなぁ~と考えていたところ、あ!そういえば高速バス走ってなかったっけ?ということに気付いて調べてみたら、やっぱりあるじゃありませんか!

スポンサーリンク  

川崎駅からは木更津駅行きしかないのですが、同じく程近い羽田空港から五井駅へのバスが出てました。

羽田空港から五井駅までの所要時間は47分。

鉄道ですと川崎からJR東海道線で東京に出てそこから総武快速線に乗り換え内房線への直通電車に乗って1時間40~45分ほど。バスですと羽田空港まで出る時間や乗換え時間を考えても20分程度は早く着く感じです。

前日に判明したこともあって、予約はせずに当日羽田空港で乗車券を買っていくことに。休日の朝早い時間帯ということと観光シーズンでもないので満員になる心配もないだろうと。

羽田空港発着と言っても、実際には国際線ターミナル、国内線第二ターミナル、国内線第一ターミナルの順に回ってから五井方面に向かいます。(基本的に他の路線も同じように空港内を経由します)

私は今回は国内線第一ターミナルからの乗車。

写真 2015-02-15 6 25 30

写真 2015-02-15 6 25 40

1階到着ロビーにあるバスターミナルの12番からの発車。

写真 2015-02-15 6 29 25

写真 2015-02-15 6 30 11

この6時50分発の五井駅行きに乗ります。

写真 2015-02-15 6 30 32

近くにある自動券売機で乗車券を購入。

写真 2015-02-15 6 31 00

羽田空港からこんなにバスが出てるのですな!

写真 2015-02-15 6 31 17

さすがにこの時間で満席はないだろうな(笑)

写真 2015-02-15 6 31 50

これが乗車券。バスを降りるときに渡します。

写真 2015-02-15 6 32 34

バスが定刻どおりに来ました。

写真 2015-02-15 6 47 37 (1)

リクライニングシートなので、ゆったり座っていけます。乗客は私ともう一人だけw。

予定通りの時刻に出発です。

写真 2015-02-15 6 48 21

アクアラインのトンネル内を走行中。

写真 2015-02-15 6 56 36

うみほたるを抜け、千葉県側へ。少し前が詰まった感じでスピードが落ちましたが渋滞という程ではないです。すぐに解消したのでアウトレットに行く人達が木更津金田で降りたのでしょうね。

写真 2015-02-15 7 08 31

木更津南JCTから京葉道路に入り市原ICまで。

そして定刻通り五井駅へ。あっという間に着きました。

写真 2015-02-15 7 33 16

ちなみに帰りも7時半頃の便を使って、アクアラインで少し渋滞になりましたが1時間程度で羽田空港に到着。やはり電車で迂回するより楽チンだと思います。

ここでメリットを検証してみた

せっかくなんで、この五井までの区間を含めて川崎/横浜/羽田空港エリアから房総方面の交通手段について、鉄道と高速バスどちらが優位か検証してみることにしました。

まず今回の川崎から五井までの比較。

川崎駅もしくは京急川崎駅から五井駅までの所要時間と料金をJRと比較してみると…。

電車:約1時間40~45分(乗り換え1回もしくは2回)  1,317円(IC利用)

バス:約1時間15分~20分(乗り換え1回もしくは2回) 1,757円(京急はIC利用) ※京急川崎から羽田空港経由

料金は電車がJRのみに対して、バスの場合は、京浜急行との併用となるため料金的には少し割高になりますが、所要時間が25~30分ほど早くさらにほぼ確実に座っていけるのが魅力ですね。

バスのシートは観光バスや長距離バスにあるリクライニングシートなので快適そのもの。

料金についても五井駅の場合は東京から近いほうなのでバスの料金が高めですが、木更津やさらに南の館山では以下の通り、料金の差は縮まるか逆転し、さらに所要時間はさらに広がります。

 

  • 木更津

電車:約1時間50~2時間(乗り換え1回もしくは2回)  1,663円(IC利用)

バス:約1時間5分(乗り換え0回) 1,440円 ※川崎駅ー木更津駅間を利用 羽田空港からの便もあり。

 

  • 館山

電車:約3時間45~3時間50分(乗り換え2回)  2,592円(IC利用)

バス:約2時間30分~40分(乗り換え1回もしくは2回) 2,657円(京急はIC利用) ※京急川崎から羽田空港経由

木更津、館山、鴨川方面については、横浜駅からも出ているので、横浜、川崎、羽田周辺からの木更津以南へ行くにはなかなか便利な交通手段です。

路線にもよりますが、大体1時間に1本~2本。川崎(または羽田空港)ー木更津間については通勤利用も多いようでピーク時は1時間に4~5本と使い勝手もよいのではないでしょうか。

デメリットは渋滞や満席の時。同じ南房総でも外房は…?

この料金差が気にならなければ、速くてゆったり座っていけるのでいいことだらけの感じもしますが、バスならではのデメリットも。

 

まず道路を使うということで、一番やっかいなのが交通渋滞。

実際、帰りも外房の大原から五井まで出てそこからバスを使って帰ったのですが、午後8時ぐらい時点で日曜日ということもありアクアラインは渋滞。ノロノロ運転で到着したのは予定より15分遅れでした。

アクアラインは休日、特に海水浴シーズンや行楽シーズンは渋滞がひどいので、これらの時期への利用はあらかじめ渋滞を見込んで利用するか鉄道を利用したほうがいいでしょう。

 

また、普段はそうそう無いようですが、万が一満席の場合乗れなくなりますので、確実に乗りたい場合は事前に問い合わせもしくは座席予約をしておくことをオススメします。(川崎ー木更津便は先着順のみで予約は受け付けていません)

 

房総方面でも五井・木更津から館山ぐらいまでの内房ではバスの利用が便利ですが、大網・茂原~大原・勝浦といった外房へはバスのメリットはさほどないのか路線の設定が大網と茂原行きぐらいしか設定がなく運転本数も1~2時間に一本あるかないかです。

所要時間及び運賃についても鉄道のほうにアドバンテージがあります。

同じ外房でも南端に近い鴨川については、横浜・川崎・羽田空港の設定がなく、浜松町もしくは東京駅からの乗車になりますが、JR利用に比べると1時間速いのでこちらはバス利用がオススメと言えます。

まとめ

総合的に纏めると…。

  • 内房(五井周辺)…料金ではJR利用が優位、所要時間ではバス利用が優位。
  • 内房(木更津以南)…バス利用が優位。
  • 外房(鴨川)…バス利用が優位。
  • 外房(大網~大原)JR利用が優位。

という感じでしょうか。一概にショットカットできるバスが優位とは言えないところであります。

バスが優位なエリアも渋滞のリスクがあるので、季節や平日/休日、もしくは時間帯によって判断してうまく使い分けていくのが賢いと言えるでしょう。

 

今度、館山の美しい夕陽を撮りにいくのに、試しにバスを使ってみようかと考えています(笑)

このブログを気に入って頂けましたらFeedlyに追加して定期購読して頂けるとうれしいです!
follow us in feedly
スポンサーリンク
CATEGORY :