写真を仕事にしたい人や撮る以外にどんなことしてるの?とか興味がある人にオススメの本

写真を仕事にしたい人や撮る以外にどんなことしてるの?とか興味がある人にオススメの本

ミラーレス一眼デジタルカメラを使うようになってから、そろそろ1年半になります。

昔に一度フィルム用一眼レフを買って、まったく使いこなせなくて譲ってしまった私が、再びレンズ交換式の一眼に手を出したわけですが、まさかここまで虜になるとは思いもしませんでした。

このブログにも度々記事にしていますし、すっかりカメラ・写真がライフスタイルには欠かせない存在になるなんて予想もしていなかったです。

スポンサーリンク  

まぁ肝心の腕のほうはというと…上達したところもあればまったく進歩のないところもあったりで…とにかく撮れば撮るほど、人の写真を見れば見るほど奥が深いんです。ホントまだまだ写真の奥深い世界のまだ入口近くに立たされてる感じですね。

もっぱら街角スナップや風景写真がメインで、ポートレートやテーブルフォトは苦手意識もあって偏ってますね。風景写真ばかりだと飽きてしまうし、上達もしないのでもう少し苦手としているシーンも挑戦していかなぁ~と思っております。

そんなんで日々撮る練習もしつつ、必要な知識も仕入れようとよく本や雑誌も購入して読んでるのですが、その時に偶然目に留まった本がありまして、それを今回紹介しようと思います。

タイトルは、『写真を仕事にする。必要なスキル、プロの道、仕事の楽しさ』。

そのまんまのドストレートなタイトルですが、よくよく考えても見たらプロのフォトグラファーになるには?とかってどうするんだろう?と。今まで考えたこともなかったですし、そもそもどのようにフォトグラファーになるのか知る機会もなかったなと。

まぁだいたい想像できるのは、プロのフォトグラファーの弟子になるとかそういった師弟関係的なとこから入ってくものなのかなぁぐらいの知識なんですよね。

それにプロのフォトグラファーって写真だけ撮るのが仕事なのか?とか、仕事ってどういったところから依頼されるのだろうか?とかあれこれと疑問が湧いてきたのでつい手に取って読んでみることにしました。

もちろん、今さら私がプロのフォトグラファーを目指すわけではないです(笑)タダ単に興味本位と、好きな写真もただ自分が撮ったりカメラやレンズを買ったりするという世界だけでなく、それを仕事にしてやっている世界と言うのも知っておいた方が、より深いところで写真の世界に触れることができるのではないかということ。

もう一つはプロのフォトグラファーになるわけではないですが、自分も今後、何らかの形で写真をライフワークの一部に絡めていければいいなという願望は抱いています。(具体的にどうするかはまだすべて見えているわけではないですが)そういったことで写真を仕事にする世界の事を少しでも知っておくに越したことはないと思い読んでみることにしました。

本の構成としては

  1. フォトグラファーという仕事(プロのフォトグラファーの生の声が乗っています)
  2. 写真に関わる仕事と役割
  3. フォトグラファーへの道
  4. フォトグラファーの仕事の現場とワークフロー
  5. フォトグラファーとして知っておくべき知識
  6. フォトグラファとして独立して仕事を得る方法
  7. その他ギャラの話やらあれこれ

と言った構成で、一通り読めばフォトグラファー…というより写真に携わる人の仕事というのがどんなのがあって、どのような段取りで進められるのか。どういったところから仕事の依頼がくるのかと

いったことが一通り掴める様になっています。

まぁドロドロしたところも含めて、もっと深いところの話はもっとあるのでしょうが、とりあえずこの『写真の仕事』というものを初めて知るには読みやすくちょうどいいボリュームの本ではないでしょうか。

プロのフォトグラファーになるにもいろいろな方法があるですね。私なんかの知識ではプロの弟子になるぐらいしか思いつかなかったのですが、きちんと学ぶ学校…専門学校だけでなく大学の学科までありますし、それ以外にもスタジオのスタッフになったり、コンテストで賞を取ってデビューしたり、海外で評価得て国内で仕事をする方法もあったり…学校卒業後も制作会社や出版社・マスコミに就職してそこからフリーのフォトグラファーになったりといろいろあるだなぁと。

そんな感じで、本業に携わる人にとってはどうという本ではないのかもしれないですが、まったく知識がない私にはへぇ~なるほど!と言った感じでなかなか楽しめた本でした。

写真 2014-10-28 17 09 09

しかしフォトグラファーもITの仕事同様に年々単価が下がる傾向にあるとかで、生業としていくのはどの仕事も大変だなと。ただそれだけの仕事をしているだけでは難しく、ほかの事もしながらそれらと組み合わせて自分ならではの特色を出していくことがだんだん求められていくのかなと最近特に思います。

そう考えると、私もフォトグラファーではないですが、こうしてブログにカメラや写真関連の記事を掲載して、商品を紹介したりしてその紹介料や広告料をわずかながらでも頂いているので、既に写真を通してライフワークの一部になりつつあるのかなという考えもできるんですよね。なんとなく自分にはそういうゆるいのが合ってますし(笑)

最後はちょっと話が脱線しましたが、これからフォトグラファーになりたいけど漠然としすぎていてこれからどのように進めばわからないという人はもとより、私のように趣味のような感じでやっているけど何らかの形で写真を自分のライフワークの一部に取り込みたい人や、単純にフォトグラファーってどんなことやってるのだ?という興味本位の読み物としても楽しめると思うので気になった方は是非!

 

このブログを気に入って頂けましたらFeedlyに追加して定期購読して頂けるとうれしいです!
follow us in feedly
スポンサーリンク