OM-D E-M1用ではないのだけど…Acruのフルレザーハンドストラップがなかなかイイ!

OM-D E-M1用ではないのだけど…Acruのフルレザーハンドストラップがなかなかイイ!

OLYMPUS OM-D E-M1を使うようになってからネックストラップを外しました。

落下防止がメインの目的でカメラ本体にネックストラップを付けて首からぶら下げていたのですが、E-M1を使うようになってから手で持っていることが多くなってネックストラップが邪魔になってきたのですね。

PEN Lite E-PL3を使っていた時は、カメラ本体にグリップがなかったので首からぶら下げていたのですが、E-M1はグリップがあってそのまま右手に持っているほうがしっくりくるので首から下げて使うことがなくなりました。

スポンサーリンク  

意外とネックストラップを付けてぶら下げていると首も疲れるし、いざ写真を撮ろうとした時もちょっと使いづらいんですよね。常に手で持ったままの方がすぐに撮る動作に入れるのでね。

ただ心配なのは、不意に落としてしまったりするのが一番怖いんですよね。グリップ感は高いので普段落とすような心配はないんですが、何かの拍子に手を離してしまったりする可能性もないとは言えないわけで、それを考えると素手のままでいつまでも使ってるわけにはいかない。と思って、ハンドストラップを探すことにしました。

ところが意外なことにE-M1用ってなかなかないんですよねぇ…(><)

一応純正品は『グリップストラップ GS-5』とう製品が出ているんですが、コレってパワーバッテリーホルダーHLD-7を装着するのが前提のストラップなんですね。普段からパワーバッテリーホルダーを装着するような使いかたをするわけじゃないので(しかも持ってない)まず候補からハズレました。

まぁ、純正のロゴが付いているもの好きじゃないですし。

なかなかイイのがないなぁと引き続き調べてみると、本革を使ったハンドストラップを作っているなかなかよさそうな店を見つけました。

  • Acru(アクリュー)

Acru(アクリュ) | デザインと機能性にこだわったモノヅクリ。ハンドメイドのカメラストラップやカメラバッグなどを販売


 

ハンドストラップもミラーレス小型機から一眼レフ機まで、一通りラインナップされているようです。

その中で気になったのがコチラの『カシェ・バナーヌ ハンドストラップ』。

「カシェ・バナーヌ ハンドストラップ」 /全6色 – レザーのカメラストラップ・カメラバッグ - Acruオンラインショップ


 

E-M1専用ではなく汎用品なのですが、デザインや質感が良さそうなので問題なく装着できるようならこれがいいなと。

このAcruのブログの記事では、サイズ・形状の関係であまりオススメ出来ないと案内しているそうです

うーんそうなのかぁ…と残念に思っていると続きがあって、このE-M1を使っているお客さんが試してみて感触をとても気に入っているというコメントが載っていたので、よし!これにしよう!と勢いで購入してしまいました。

汎用品は専用品と違ってカメラの形状や使う人によって当たり外れが出やすいリスクは承知の上での購入です。

注文してからの製作にかかるようなので約2週間ほどかかります。

箱の中を開けるとこのような布袋に入っていました。これはこれで小物入れに使えますね。

写真 2014-10-15 22 22 51

そしてこちらがハンドストラップ本体。色はカメラと同色のブラックにしました。他にもチョコ・ネイビー・キャメルなど計6種類の色から選べます。(ちょっとカメラのホワイトバランスをしくじって赤みが入ってしまったのでチョコっぽく見えますが…)

サイズは標準のMサイズ(23cm)。女性向けのSサイズ(21センチ)、大きな男性の手向けにLサイズ(25センチ)が用意されています。

写真 2014-10-15 22 24 20

写真 2014-10-15 22 26 36

写真 2014-10-15 22 27 14

バックルの調整は片方3つの穴で調整ができます。私はいろいろ試してみたのですが両端とも真ん中の穴で落ち着きました。

写真 2014-10-15 22 28 41

カメラに装着。

写真 2014-10-16 0 10 45

どうでもいいけどカレンダーがまだ5月のままだった…。

写真 2014-10-16 8 17 28

握ってみた感じ。

写真 2014-10-16 0 12 15

写真 2014-10-16 0 13 39

写真 2014-10-16 0 14 06

ちょっと親指の付け根あたりにストラップがあたって違和感があったのですが、さすがは革製品。しばらく使っているうちに革が馴染んできて全く気にならなくなりました。

ボタン類も一通り操作することができます。一番手前のFn1ボタンと奥のAFL/AELボタンが若干押しにくいですが気にするレベルではないです。

ストラップを調整してもう少し可動域を増やすことはできますが、今度は緩くなってすっぽ抜けそうになってしまうのでこれくらいでいい感じです。

写真 2014-10-19 10 14 08

上のボタンやダイアルはモード切替ダイアルがちょっと操作しずらいか。操作している時に手前のダイアルも一緒に動かしてしまいそうな感じになりますが、そもそもモード切替ダイアル自体頻繁に動かすものでないですし、そのほかのボタンやダイアルの操作感は全く問題ないのでこれでOKです。

写真 2014-10-19 10 14 47

ボタンやダイアルが一通り窮屈さを感じないレベルに調整すると、ストラップそのもののホールド感が少し緩いかなという感じはありますが、グリップを握っている限り不意に手が離れてしまってもそのままスルリと落ちてしまうような心配はあまりなさそうです。

本革で質感もイイですし、カメラの色やデザインとうまくマッチしていて外観は申し分なしです!

最初の頃は革が硬いのもあって少しあたりが気になってましたが、しばらく使って馴染んでくるとイイ感じにフィットしてきます。これからさらに馴染んでくるのが楽しみですね。

ストラップ部の耐久性がどの程度か気になるところですが、これはしばらく使ってみないとわからないところですね。

写真 2014-10-18 15 01 24

写真 2014-10-18 15 01 34

写真 2014-10-18 15 46 51

汎用品ということと、ショップからもE-M1への装着についてはオススメしていない製品でもあるので、装着による不具合も含めたリスクは自身にということになりますが、E-M1に装着可能な数少ないハンドストラップということで、E-M1のハンドストラップをお探しの方の参考にして頂ければと思います。

店舗のほうは大阪の南船場なので、私はオンラインショップでの購入でしたが近隣にお住まいの方は店舗で実物を確認してみるとよいかと思います。

  •  Acru(アクリュー)周辺の地図

このブログを気に入って頂けましたらFeedlyに追加して定期購読して頂けるとうれしいです!
follow us in feedly
スポンサーリンク