デジカメってこれ一台があれいばイイ!。。。とはならないモノですね

デジカメってこれ一台があれいばイイ!。。。とはならないモノですね

リコーのコンパクトデジカメ『GRⅡ』を購入してからちょうど3ヶ月が経ちました。

 

もともとこのデジカメ、今所有しているオリンパスのミラーレス機『OM-D E-M1』『PEN  Lite E-PL6』とその交換レンズを手放して、この一台にしようと購入したもの。

焦点距離が28mm相当のみと、スマートフォンなどとほぼ変わらない画角の単焦点レンズを搭載した非常にコンパクトなデジカメですが、APS-Cサイズの大型センサーを搭載しており、そのコンパクトさからは想像もつかないほどの高画質。自然で誇張がない階調豊かな画質は実に私好み。

 

軽々と片手でシャッターを切れるホールド感の良さ、黒ベースの落ち着いたデザインはカメラを街中でスナップを撮っていても、ヘンに目立ったり人から警戒されることも滅多になく、まさに日常使いでは最強のデジカメだなと個人的には思っています。

平日のスーツ姿で、ブリーフケースに入れてもかさ張らない大きさで、先程も言ったように黒の落ち着いたデザインなので、スーツ姿で撮っていてもまったく変な感じには見られない(たぶん見られていないはず)なんですね。

コンパクトなミラーレス機と言えどEーM1ではブリーフケースには到底入らず、E-PL6は何とか持ち運びはできるものの、サッと取り出して使うGRⅡの可搬性や操作性に比べるとやはり一歩も二歩も及ばないのですね。

 

コンパクトな中にもボタン類の割り当て機能も豊富で自分の使いやすいようにカスタマイズしたり、多彩なエフェクト機能も楽しく、一眼レフ機やミラーレス機などのレンズ交換式カメラとほぼ同じ事ができるので、普段使いに大きな不満は殆ど感じていません。敢えていうなら暗所でのAFがちょっと遅いと感じるぐらい。E-M1のAFが思った以上に優秀なので相対的にそう感じる部分があるという位ですかね。

 

しばらく使っててこれならGRⅡ一台でしばらくは大丈夫だな。と最初の一か月半ぐらいは思っていたのです。

写真 2015-12-11 16 42 15

ところが。。。

週末は主に風景写真を中心に撮りに出掛けることが多いのですが、GRⅡは腰のあたりに引っ掛けておき、E-M1はマンフロットのバックパックの中に入れて出掛けています。

そして現地近くについて、さてカメラを。。。と思って腰にぶら下げてあるGRⅡを。。。でなくてわざわざバックパックを下して、E-M1の方を取り出して撮り始めるのですね。

もう風景撮影では無意識のうちにE-M1を選択している。特にGRⅡで撮れないシチュエーションでないですし、画質面も遜色ない。。。どころか小型のマイクロフォーサーズセンサーを搭載しているE-M1やE-PL6に比べてより大型のセンターを搭載してるGRⅡのがレンズも含めて高画質に特化した設計もあって、画質の方はむしろGRⅡのが上です。

 

にも関わらずE-M1の方を無意識に使い始めてしまう。一番大きな理由はやはりレンズ交換式カメラの特徴である、その場にあったレンズに交換して使うことができることに尽きるからでしょう。

特に風景撮影の場合は、画角の自由が効いた方が使いやすいので、使うレンズはほぼズームレンズ。単焦点レンズは余程特化した目的がなければ使わないです。

 

GRⅡだと画質では上でも、28mm相当の画角のみしか使えないのでどうしても使えるシーンに限界が出てしまう。足を使って動くにしても風景写真の場合はそれ以上行けない場所とか、撮影スポット自体が狭かったりすることもあるので、焦点距離を固定してしまうとフレーミングや構図を取るのに難しいシーンが出てきたり表現方法もおのずと限界が出てきしまうわけです。

トータル的な画質面では一歩譲っても、やはりその場にあったレンズを選択できるメリットは風景撮影には一番優先したいことなんですよね。

GRⅡにはクロップモードというのがあって35mm相当や47mm相当の画角にすることも可能なのですが、あくまでクロップ。。。つまり切り取っただけであって35mmや47mmといったレンズの特性までが出るわけではないので、あくまでもう少しクローズアップしたいなという位の補助的な機能でしかありません。

 

それはここ一か月半ぐらい週末に2台持ち歩いて、いずれもE-M1で撮った写真のが圧倒的に多いことに、写真を整理しながら気が付いたことなんですね。

やはりデジカメって、これ一台があればOKという単純なものではないのだなと改めて気づかされました。。

私はあまり複数台持っているデジカメにメイン機だとかサブ機とかという括りをするのがあまり好きではないのですね(笑)

例えば平日のスーツ姿とかで、あまりかさ張る大きなカメラを持ちたくない時や、身軽な恰好でスナップ写真を楽しみたいと時はコンデジがメイン機ですし、風景写真ともなれば、レンズ交換式カメラとズームレンズの組み合わせ。ポートレートとなるとレンズ交換式カメラと大口径単焦点レンズがメイン機になったり、その場その場にあったカメラを使っている時点でそれはすべてメイン機と言えるのではないかなと思うわけです。

写真 2015-12-11 16 44 36

少し話が逸れてしましましたが、よりカメラを身近なところに、いつでもどこにいても使えるようにと、GRⅡ一台にしようと購入したものですが、ここしばらく2台体制で使っていて改めてレンズ交換式カメラの良さを再認識したいうことです。(ちなみにPL-6の方はいずれにしても手放します)

本来ならこのまま2台使い分けしたいところですが、もともと2台持ちを維持するのが難しいというのがあるので。。。かと言ってもともと手放す予定だったミラーレス機を手放すことに迷いが生じています。GRⅡもまだ3ヶ月ですが、GRⅡの方を手放すという選択も今は考えています。

いずれにしろ、今年中にどちらかを手放すのは決めているので、あと残り2週間。使い込みながらじっくり考えようと思います。

 

あ、その前にGRⅡのレビュー記事も起こさねば。。。(^^;;

 

このブログを気に入って頂けましたらFeedlyに追加して定期購読して頂けるとうれしいです!
follow us in feedly
スポンサーリンク