iPhone6ユーザの私が、iPhone6sに変えない理由をグダグダと書いてみた

iPhone6ユーザの私が、iPhone6sに変えない理由をグダグダと書いてみた

先日、iPhone6s/6s Plusのリリースが正式に発表されましたね。

発売日はシルバーウィーク明けの9/25。発表されてから予約受付が始まった辺りはSNS上のあちらこちらで盛り上がってました。

 

iPhone6ユーザーの私はと言うと…その盛り上がりを横目に、コンパクトデジカメ『GRⅡ』を買って喜んでいたりと、iPhone6sの話題には全くついていっていません。

もちろんiPhone6sの購入も見送りです。毎年のように最新のiPhoneには関心があったのですが、今回の6sに関して言えば恐ろしいほど無関心です。

以前からスペックなどの情報はちょくちょく耳にしていたというのもあるのですが、正式発表された時の詳細スペックも全然押えていませんでした。

 

詳細スペックを見たときも正直ふーん…って感じ。

それくらい今回の新型には関心が薄いです。

 

このiPhone6s/6s Plusが発表になってから、当ブログのアクセスも少し伸びているのですが、そのアクセスが増えてる分というのがiPhone6関連のエントリーなんですね。

恐らくiPhone6sの情報を探しに流入してきた人達だと思われるのですが、直ぐに帰ってしまう人も多いことから恐らく6sの情報を期待してきて何も6sの事が書かれていないので、舌打ちしながら離脱してる人が多いのだろなと。いわゆる検索結果のミスマッチですな。

なんかわざわざ来てもらって、申し訳ないなぁ…と。

 

確かにブログのアクセスを増やすのに、iPhone関連のエントリーって非常に有効なんですよ、なんだかんだコンスタントに見に来てくれますし、今回のように新型の発表タイミングや発売日後一ヶ月ぐらいは相当アクセス数が伸びます。

しかし、いくらネタにして書けばアクセスが伸びるとは言っても、特に関心のないものを買ってエントリーを起こす気はまったくないので、特に検索エンジン経由で訪問してきてる方々には申し訳ないのですが、iPhone6s関連の情報は当ブログにはございませんということで…はい。

スポンサーリンク  

とは言っても、私もApple製品好き、iPhone好きでありユーザーの一人であるのでまったくiPhone6sについて当ブログで触れないというのもどうかと思い、関心が湧かない、買わないという理由について書いて見ようと思った次第です。

 

買わない理由といってもそんなに深い理由があるわけでもなく集約するとたった一つだけの理由なんですね。

 

つまり、『今持っているiPhone6で十分で、iPhone6sに買い換える理由がない』。

 

の一言で終わってしまうわけです(笑)

 

この一言で終わらせてしまうのも色気がない話なので、今回強化されたり追加されたりする機能などを中心に、あくまで個人的な見解ではありますが思うところ書いてみようと思います。

プロセッサーの強化(A8⇒A9)

iPhone6に搭載されているA8プロセッサーからiPhone6sではA9プロセッサーに強化されます。これによりCPU性能で70%、GPU性能は90%向上するとのこと。さらにM8モーションコプロセッサーもM9へ。Siriが常にオンの状態でユーザーからの指示を待たせることができるようになったようです。

 

数字上では大幅にパフォーマンスが上がっている上に、プロセッサーの効率化によってパフォーマンスの向上を果たしながら消費電力はA8と変わらないのは大きな強化点ですね。

 

しかし、今のiPhone6のパフォーマンスで不満を感じた事はないです。

私の場合、iPhoneの用途が、ネット観覧(ブラウザー)、SNSアプリ、カメラアプリ、写真撮影のサポートをするアプリ、Evernote、Runkeeperといった感じで、ゲームもやらないですし、プロセッサーのパワーに極端に依存した重たいアプリを使うことがないので、もう現状で十分なわけです。

数字だけ聞けばスゴいんですけど、でも必要のないパワーはあっても持て余すだけなのでね。

第二世代 Touch ID

指紋認証センサーの『Touch ID』も第二世代になり、指紋認証が従来の2倍の早さになるとのことです。

 

実は私は、指紋認証の機能を使っておらず従来のパスコードで打って解除したりしています。指紋認証は最初の頃使っていたのですが、個人的に悪い癖があって指紋認証がうまく機能しないので使うのをやめてしまいました(^^;;

ということで、この機能強化も自分にとっては何のメリットもなし。

LTE対応バンドの拡張とLTE Category 6のサポート

LTE対応バンドが新たに拡張される話は、日本国内において今の時点ではあまり恩恵は受けられそうもないのでそこは無視するとして…。

  • 詳しく知りたい人はこちらをどうぞ

3社の違いも大きく:対応周波数が増え、通信速度が速くなったiPhone 6s/6s Plus 日本だとあまりメリットにならず? – ITmedia Mobile

 

むしろもう一つのLTE-Advanced(Category 6)に対応したところが、日本国内においては大きい強化ポイントではないでしょうか。iPhone6/6 Plusは最大で150MbpsだったのがLTE-Advancedへの対応で倍の300Mbps(理論値)となります。

 

ちなみにAdvancedと書いていますがむしろこちらが本当の意味での4G(第四世代移動通信方式)であって今まで4Gと呼ばれているものは正確には3.9Gであって本当の4Gではないのです。(あくまでマーケティングとして4Gと呼ばれていただけ)

 

いくらiPhoneなどの通信端末がLTE-Advancedに対応しても、そのサービスをキャリアが提供されていなければ宝の持ち腐れなわけですが、既にドコモが6s/6s Plusの発売に合わせて下り最大262.5Mbpsの通信サービスを提供することを表明しています。またauやソフトバンクでも既に同様の高速通信サービスを提供しており(ドコモほど高速ではない)iPhone6s/6s Plusも恐らく対応すると思われます。

 

で、通信環境が高速化されるのはいいことなんですが、先程プロセッサーのところでも書いたとおり、それほど現状のLTE環境で大きく不満を持つような用途でもないのですよね。もちろんもう少し早いといいのになぁと思うことはあるんですが、これが快適になったりするとファイルのアップロードやダウンロードを自宅のWi-Fiではなく、LTEを介してやったりするとあっという間にあっという間に最大通信料まで使ったり、一定期間の通信料をオーバーして帯域制限をかけられたりといいことばかりではないような気がします。最大通信料と通信料金が大幅に緩和されたプランが出てくれば話は別ですが…この辺はどうなんでしょう?

とりあえずゲームをやったり高画質の動画を見たりという用途ではないので、現状でもそれほど不満はないと言う感じです。

 

もう一つ、Wi-Fiに関しては、複数のアンテナを束ねて高速化を図る『MIMO』をサポートして最大866Mbps(理論値)となるようです。自宅のWi-FiルーターがMIMOに対応していれば大きな恩恵を受けられそうですが、自宅のは安価なものなのでMIMOに対応したルーターに買い換えないと意味ないんですよね。

カメラ機能の強化

カメラ好きの私としては気になる機能。新型センサーの採用で画素数がiPhone6の800万画素から1200万画素と大幅に強化。ノイズもより抑えられて画質が大幅に向上しているらしいです。

さらにインカメラは120万画素から何と500万画素に!セルフィー(自撮り派)には待ってました!の機能強化でしょうね。

もう一つは、撮った写真の前後の動きとサウンドを保存して、その写真を長押しすると被写体が動く『Live Photos』が追加されました。

 

カメラ好きとしては、この機能強化は興味があるところなんですが、実際にiPhoneのカメラでここまでの性能が必要かと言われると個人的な用途ではNO!

どちらかというとiPhoneは記録的な用途で使うことが多く、スナップや本格的な写真撮影は最近手に入れたGRⅡや一眼をと使い分けているので、今以上の高画質は特に必要を感じていません。

そしてインカメラの方も地鶏…いや自撮りはしないので(別に自分を撮りたいとは思わない)この機能強化もまったく不要。Live Photosはちょっと興味ありますけどね。

 

使うカメラのメインがiPhoneという人、特に自撮り派の人には今回のiPhone6sは買い換える価値があるのかなとは思いますね。

動画撮影機能の強化

動画の撮影も現状のFullHDでの撮影に加え、4Kの動画撮影もサポート。さらにiPhone6s Plusでは静止画と同様に光学手振れ機能が搭載されるようです。

 

しかし、残念ながら私の場合、写真(静止画)が中心で動画の方は殆ど使わないですよね。

使っても今のレベルでもう十分。正直動画機能殆ど使わないから今回4K動画撮影のサポートと言ってもどれくらいインパクトがあるのか今一つピンと来ないんですよね。

…ということで

いろいろと御託を並べてみましたが、書いての通り本当に今持っているiPhone6でも十分過ぎて買い換える理由がないんですよね。話のネタ、ブログのネタ的に持つというのもアリなんですが、タダじゃないわけだし、それに購入を当てる資金があるなら他に優先して回したいモノが沢山あるのです。

つい周りで祭りのように賑わってると、いいなぁと思う気持ちも正直ないわけではないですが、冷静に今それ必要?って考えると全く必要ないよね。という結論になるので、周りの空気に流されて無駄な出費をしないようにしないとな。と言ったところですね(^^;;

もう単純にハードウェアとしてのスマートフォンって行き着くところに行き着いてしまった感があるんですよね。今スマートフォンで実現できるサービスでは今のスペックで十分な感じ。新たにスマートフォンを活用できる枠組みやその中のサービスなどが出てきて、それに合わせたハードウェアの進化というのなら魅力も感じてくるのですが…。

 

実質タダで手に入るようになるなら、気まぐれで変えるかも知れないけど(笑)…という最後で締めます。

 

このブログを気に入って頂けましたらFeedlyに追加して定期購読して頂けるとうれしいです!
follow us in feedly
スポンサーリンク