ここ最近、両眼に圧迫感や異常な疲労感があったので眼科にかかったら眼圧が正常値を超えていた

ここ最近、両眼に圧迫感や異常な疲労感があったので眼科にかかったら眼圧が正常値を超えていた

実は、一週間ほど前から眼科に通っていました。

 

違和感に気付いたのが眼科に行く5日ほど前。両目の瞼の上あたりが圧迫感を感じるような重さを感じていて、疲れ目をひどくしたような感じ。

その以前からも何となく目がすっきりしないなとは思っていたのですが、ここ2週間前からしきりに目をしぱしぱするようなことが多くなって、鏡を見ても何となく目回りがむくんでいるような感じがしたり、画面を凝視したりしていると涙が出たり。

そんな感じで目もこすったりしているうちに、左の眼が赤く腫れ上がってきたりしたので、ちょっとこれはマズいかも。。。と思い、眼科に行ってきました。

スポンサーリンク  

最初は単に慢性的な疲れ目と、目の擦り過ぎだろ。ぐらいに思っていたのですが、診察を終えて先生から出た言葉は、『よく早い段階で来てくれたね。今週中にもう一度検査に来てくれ』と。

どうやら眼圧を測ったところ眼圧が高く、特に左目の眼圧が異常に高いとのこと。正常値が10~20mmHgのところ、右目は17ぐらいと少し高いが正常値に収まっているものの、左目が26と大きく正常値を超えた数値が出ているので、もう一度日を改めて検査をすると言う。

 

眼圧が高いと何が悪いのかよくわからなかったので、何かの病気なのかと聞いてみると、もしかしたら緑内障の恐れがあると。

えっ!緑内障ってあのだんだん視野が狭くなって最悪失明するというあの緑内障!?

思わず耳を疑いました。

しかも、よりによって『利き目』である左目。私はカメラのファインダーを覗く目が左目なんですね(かなりの少数派)。もしかしたら最悪ファインダー越しにカメラを使えなくなってしまう。さらに仕事のことや日々の生活の事とかもし目が見えなくなったり、視野が狭くなったらどうなるんだろう?と考えると目の前が一瞬真っ暗に。。。

 

ん?でも。。。まてまて。

まだ目に違和感があるというだけで、視野が狭くなったという自覚症状があるわけではないし、一度発症すると完治はできない病気だけど、早い段階で気づいて対処していけば進行を遅らせることは可能なもの。それにまだ緑内障かどうか決まったわけではないぞ。

今年は特に健康面でいろいろあり過ぎて、ついマイナス思考になってしまう。

 

その日は、眼圧を下げる点眼液を貰って2日後に再度検査へ。

今回も右目は前回とほぼ同じ数値。左目はというと。。。22と前回よりは下がったもののまだ正常値を超えていた。

ただ数値自体は前回より落ち着いているので、一週間以内にまた改めて検査をしてもし数値が下さがないようなら、眼底検査などもう少し詳しい検査をするという。

 

それから点眼液をつけていくらか目の違和感は和らいではきたものの、目の疲労感は相変わらずですっきりとしない。

一週間後、3回目の眼圧検査。点眼液の効果もあってなのか数値の方は左と同じレベルにまで下がっていた。

とりあえずは、一時的な可能性もあるので点眼液を常用しながらしばらく経過観察とうことで、眼底検査などはまずは見送り。

仕事も含めて日頃から目を酷使しているのに加えて、睡眠不足が常態化したり、食生活のバランスを崩したり、何かとストレスをため込んでいるので、房水の産出量と排出量のバランスが崩れてきてるのかもしれない。

 

点眼液は欠かさずつけているものの、この週末も変わらず瞼から上のあたりが筋肉疲労のような重さと痛みを感じている。

さすがに今週末は朝活やフォトウォークも休むことに。睡眠も6時間以上とることにした。

スマートフォンも移動中にむやみに見ないように心がけよう。

まずは生活習慣を改善して一週間ぐらいは様子見。

緑内障は自覚症状が現れてからでは手遅れなので、ちょっとでも目に異変を感じたり圧迫感や疲労感が改善されないようなら速やかに再検査を受けるようにしよう。

 

このブログを気に入って頂けましたらFeedlyに追加して定期購読して頂けるとうれしいです!
follow us in feedly
スポンサーリンク