撮影機器レンタル専門店でフルサイズデジタル一眼レフ+交換レンズのレンタルを使って見た!

撮影機器レンタル専門店でフルサイズデジタル一眼レフ+交換レンズのレンタルを使って見た!

先週末、友人からご依頼を受けまして写真撮影をしてきました。

 

私はプロではないので、こういった撮影依頼をこちらから宣伝したりはしていないのですが、それでもたまにプロフィール写真などの撮影依頼を友人から頂いたりしています。

日頃からSNSやブログなどに撮った写真をアップしているのを続けて、それを見て依頼してくれているようで、何ともありがたいことだなと思います。

 

今回の撮影も楽しみながらさせて頂きました。毎回のように思うことですがまだまだ未熟なところが多く今回もああすればよかったなとか、ちょっと注意や配慮が足りなかったなと思うことも多々あり。そういった事も含めていい勉強をさせて貰いながら楽しい撮影となりました。

スポンサーリンク  

その今回の撮影なのですが、実は自分の手持ちのカメラはサブ機として使った程度でメインのカメラはレンタルで賄いました。

今回依頼主からのイメージしてる要望もあって、それをより近いイメージで実現するには私の所有しているマイクロフォーサーズ機よりフルサイズ機のが適切との判断。

もちろん私はフルサイズ機は所有していないので、交換レンズを含めてレンタルすることにしました。今回の撮影目的に使うというのもあるのですが、一度フルサイズ機も実際に使って見たいというのも大きかったので(笑)写真仲間も多く所有していてその写真を見たりしてフルサイズ機の実力は十分分かっていますが、また自分が使ってみるのとは違った感覚があるだろうと。

いろんな種類のカメラを所有して使い分ければ一番いいのですが、一般庶民にはカメラ本体もレンズもそうおいそれと買える代物ではないですからね。ここ一番で使いたいという場合にはレンタルは便利な選択肢かなと思います。

 

そうは言えどもCDやDVDのレンタルと違い、高額商品のレンタル…しかも初めての利用なので正直不安交じり。

以前、カメラのレンタルの存在を知ってそのエントリーを書きましたが、そこで紹介した幾つかのレンタル店のうち今回は『レンタル館(ビデオエイペックス)』さんからレンタルすることにしました。あのマップカメラのマップグループが運営している『マップレンタル』さんとどちらにしようか検討したのですが、決め手となったのは割安感があったことでしょうか。マップレンタルさんの方は最新機種もあったりでラインナップが豊富なのが魅力的ですが、少々割高感がありましたので…。

カメラのレンタルサービスもあったんですね!ってことで近いうちデジタル一眼レフにも触れてみようと思います。 | 旅とTABIの記憶書

ビデオカメラのネットレンタルはレンタル館へ|ビデオエイペックス

撮影映像機器レンタル専門店|マップレンタル プロジェクターレンタル・ビデオカメラレンタル

本社は大阪ですが、東京にも3店舗持っています。とは言ってもまずはネットからの仮予約が必要のようです。今回私は店舗に引き取りにいったりする時間がないので、宅急便で送ってもらう形での予約をすることにしました。

レンタル期間は最短で1泊2日から、但し1泊2日の利用は店舗受取返却の場合に限るようです。宅急便での発送レンタルは2泊3日からとなります。

ネット上からの仮予約は簡単。まずレンタルしたい機材をカートに入れます。

そして機材が全て決まったら仮予約の申込み手続きに進みます。既に会員の方はそのまま登録メールアドレスとパスワードを入力して直ぐに手続きできますが、まったくの新規の人はここで会員登録をします。

 

やり取りに使うメールアドレスを登録すると、サイトからメールが届きますのでそのメールにあるURLをクリックして会員情報の登録をします。

電話番号を必ず2つ登録するようになっているけど、一人暮らしなんかはスマホしか持ってなかったするわけで、実家とか勤務先の連絡先にすればいいのかしら?まぁ高額商品なんで持ち逃げでもされたら堪らんでしょうし、プロの方も使われると思うので万が一アクシデントが発生して連絡がつかないと困るというのもあるのでしょう。

さらに、当然の事ながら身元が判るものの提出が必要となります。会員登録を済ますとMyページにアクセスできるようになるので、そこから免許証等をスマホやスキャナーで取った画像データを送ります。

 

会員登録の流れで、機材の仮予約も完了。この時点では機材の在庫確認のため、まだ正式な予約は決まっていません。

予め機材の在庫有無をサイト上で確認できるといいなと思ったのですが、何か理由があるんでしょうかね??

 

今回レンタルしたのはキヤノンのフルサイズ一眼レフ『EOS 5D Mark III』。それと35mmと85mmの明るい単焦点レンズ2本。

火曜日の深夜に仮予約をしましたが、次の日の午前中には在庫確認のご連絡を頂きました。

次の日にあたる木曜日の夜には受け取りたかったので、当日の14時までに入金の処理を済ます必要があります。支払い方法はクレジットカード、銀行振込、コンビニ支払、代金引換、楽天ID決済が使えます。今回は取り急ぎもあるのでカードで決済しました。

 

さてレンタル日数の話ですが、今回の利用は2泊3日。どのようなカウントになるかというとまず到着予定日の木曜日、この日は日数にカウントされません。その次の日に当たる金曜日からカウント開始となります。そして返却する日は3日目の日曜日になるわけですが、発送レンタルの場合はこの返却日のうちに発送手続きをして次の日の月曜日にレルタル元に着けばOKです。

だいたい夕方までに宅急便の受付を済ませれば次の日には届くので、到着日の午前中受取にすれば最長で丸々3日以上使えることになります。

 

クレジットカードで入金を済ませると、入金確認の連絡と発送の連絡が立続けにメールで連絡頂けました。カメラのレンタルなんて初めてなので到着が楽しみです。

木曜日も仕事で夜の帰りになるので宅急便は20時以降の配達指定にしておきました。宅配ボックスでの受取が可能かどうか確認する時間がなかったので今回は受け取れる時間に指定しましたが、次回利用する時に聞いて見ようと思います。

 

さて木曜日。仕事から帰って8時から9時の間、到着を待つだけ。といってもヤマト運輸の配達番号を発送の連絡の際にお知らせして貰えるので、安心して到着を待つだけです。

そして機材が無事に到着。

P8060029

このような箱が届きました。早速中を開けてみます。

さすがに精密機械なので何重にもしっかり養生されています。カメラ本体及び付属品は右側の黒いバッグに、左側の養生されたカタマリが交換レンズです。

P8060033

黒いバッグの中身は、本体、取扱い説明書、ストラップ、ケーブル類、バッテリー2個、充電器、付属のCD、そして8GBのSDカードも付いています。

P8060037

もっともフルサイズ機でRAW形式で保存したら8GBなどあっという間にパンクしてしまうので、大容量のSDカードもしくはCFカードを用意しておいた方がいいでしょう。

バッテリーが2つあるのは嬉しいですね。

そして交換レンズの方は、単焦点レンズ2本。

P8060046

一本は中望遠レンズのEF85mm F1.8 USM。もう一本は広角よりのEF35mm F2 USM。

到着してからは、同梱されているチェックシートに付属品も含めた機材一式が入っているかチェックを付けておきます。トラブルを防ぐためにも大事ですね。

写真 2015-08-09 9 33 44

2泊3日のレンタル料金はEOS 5D本体が21,000円。レンズの方は35mmが4,200円、85mmが3920円(いずれも税込)となっています。さらに10%上乗せして万が一の安心保証もつけてトータルで32,000円となります。

3泊以降からは本体は1日につき2200円、11泊以降はさらに半額の1,100円と割安感が出てきます。レンズも同じような感じで日数が増えるほど割安になります。

感覚的には、2泊3日ぐらいだとちょっと勿体無いかもしれないですね。一週間以上レンタルするほうが割安感がありますし、使う方も返却時期を気にせずじっくり使うことができると思います。

 

返却時は、先程のチェックシートに返却する機材が入っているかチェックを付けていき、バッグや箱の中にしまいます。このチェックシートも一緒に箱詰めします。

本体に装着したカード類を取り外しておくことは忘れずに!

ちなみに返却日当日に返却期限のお知らせメールが届くので、うっかり期限を過ぎてしまったというケースはあまりないと思いますが親切ではありますね。

写真 2015-08-09 9 33 57

写真 2015-08-09 9 52 38

同梱されているヤマトの伝票に差出人を記入して発送します。発送費の方はコチラ持ちになります。

翌日までに到着しないと延長料金を別途取られることになるので、発送地域から返却場所までの日数を予め調べた上で余裕を持って発送するようにした方がよいでしょう。

次の日、無事機材の到着確認のメール。機材の破損もなく無事届いたようです。CDやDVDをレンタルするのとは当然のことながらワケが違いますが、やはり高額の精密機器なので無事に返却できてホッとします。

 

今回利用しての感想。高額なフルサイズ機という事もありますが、交換レンズ2本込みで3日間で3万ちょい。レンタカーのファミリークラスのレンタル料金並みの値段ですね。そこはさておいて…。3万ちょいという金額、エントリー機のミラーレスカメラが買えてしまう金額なワケでこの額を出してレンタルをする価値があるかどうかは、人それぞれの考えがあるところで一概に高い安いとは言えないところがあります。手放しで万人に向けてオススメ!とはデジカメのような嗜好性の高いモノは価値観の違いも大きく出るものなので一概に言えない部分はあります。

 

ただ、この一式を購入するとなると軽く45万円ぐらいにはなるわけで、常用するならともかく今回のようにここぞという時に使いたい為に、簡単に購入できるシロモノではないのも事実。(簡単に購入できるようなお金持ちになりたい~)

そう考えると年に数回程度使う機会があればよければ、気軽にハイエンド機を利用できるというのはとても便利なサービスだと思います。

 

また、いくつか購入候補があって迷っている時などに、実際に数日間借りて使い比べて見るというのもいいかと思います。その分コストがかさんでしまいますが、長期間使おうと考えているハイエンド機ともなると買って失敗するぐらいなら…という考え方もできるのでは?と思います。

 

いずれにしろ、一度のレンタル期間は1泊2泊で借りるより1週間ぐらい借りたほうが割安ですし、使うほうも返却日を気にすることなくじっくり使い込むことができてオススメです。(マップレンタルさんの方は、期間が長くなっても割安になる料金体系ではなかったですね…。)

 

もう一つの利用方法としては、本体は持っておいて交換レンズだけ都度レンタルという方法もアリではないでしょうか?元々レンズ交換式カメラは買ってから『沼』との戦いですからね(笑)

常用するレンズだけは所有しておいて、普段使わないレンズなどはレンタルで賄ってしまうというのも賢い利用方法かなと思います。私は今後この方法を利用していきたいですね。

 

ここまではハイエンド機の話ですが、コンパクトデジカメなどは2泊で3,000円から、EOS Kissなど一眼レフのエントリー機でも10,000円以下でレンタルできるので、日常的にカメラを使わず旅行などに行った時にスマホのカメラでなくちょっといいカメラを使いたいな!ぐらいな方達は、レンタルを利用したほうがよいのかなと思います。せっかく買っても数えるくらいしか使わずに何年の経って陳腐化してしまうより、使いたいときに借りてその時の最新型を使えた方がいいんじゃないかなぁと。

今はモノを持たない時代になってきてますが、カメラやレンズなどは殆どの人が毎日使い倒すものではないですし、必要な時に借りて使うのが一番向いているモノだと思うんですよね。いずれはカメラの世界もそういう時代が来るような予感がします。

 

今回利用したレンタル館のビデオエイペックスさんは映像・撮影機器だけでなく、パソコン・スーツケースのレンタル、さらにはDVDへのコピー・ダビングサービスなどもやってるのですね!

スーツケースのレンタルなんて実は初めて知ったのですが、スーツケースを利用するほどの旅行を年に一度ぐらいしかいかない人には置く場所にも困らないレンタルを利用したほうが良さそうです。

パソコンのレンタルはパソコンレンタル館へ。Macも

スーツケースレンタルはトラベル館|スーツケースレンタル専門店

DVDコピーネットショップ格安の業者です|ビデオエイペックス

 

最後に本題とは関係ない話になりますが、今回のように友人限定ではありますが、撮影のご依頼承っています。

私はプロではありませんし、当面の間、日常はサラリーマン生活を中心に他の仕事もしていますので撮影は週末の空いている時に限定されてしまいますが、私にとっても修行と経験の場でもありますので、サワー一杯(ホントはビール一杯と言いたいところ、ビールは飲めないので)程度で承っています。

先程も言いました通り、友人限定ではありますがご希望の方がいらっしゃいましたらメッセ等でご連絡くださいませ。

このブログを気に入って頂けましたらFeedlyに追加して定期購読して頂けるとうれしいです!
follow us in feedly
スポンサーリンク