調子の浮き沈みの波が激しい時は、調子の良い時に前倒しでやることを進めてしまおう!

調子の浮き沈みの波が激しい時は、調子の良い時に前倒しでやることを進めてしまおう!

このところ調子の浮き沈みが激しいです。

 

体調面でもありメンタル面でもあり…メンタルと体調は密接なものなので両方というのが正しいでしょうかね。

ここ一ヶ月ぐらい忙しかったのもあるのかと思います。今は忙しさのピークは超えましたが、まだまだ短期の仕事やら仕掛り中のモノが細々とあって、まとまってゆっくりする時間が取れそうにない。

 

締め切りなどにも追われてやらなくてはならないことは多々あるのですが、そんな状況でもテンションや体調の浮き沈みがこのところ激しく、なかなか思うように体が動かないことが多いなと感じています。

サラリーマン時代の時は、無理やりにでも出社しなければという気持ちが働いているので調子が悪いなりにも何とかやれていたのですが、そこがフリーランスになってからはそういった事も全て自己で管理しなくてはならないのが難しいところ。

調子が上がらない時は何となくコレと言ったこともしないでダラダラと過ごしてしまいます。そうやっていながらも頭の隅ではやらないきゃならないことが気になっているので、ダラダラして調子を取り戻そうとしても何となく落ち着かないのです。

スポンサーリンク  

このような状況がずっと続くと余計にモヤモヤしてくるので、思い切ってメリハリを付けてみる事にしました。

ずっと調子が悪い状態が続いているというわけではなく、調子のいい時はあるのでそのような状態の時に一気に前倒しする勢いで進めてしまうことにしました。

時にはそれが深夜に渡る場合があったりで生活のリズムが不規則になるのですが、今のところ早寝早起きの生活を心掛けていても調子に波がある現状は変わらないので、無理してそういった生活をする必要もないかなと思いました。

 

調子がいい時であれば集中力も高まっているので多少のムリでも何とかなってしまいますし、仕事の効率も調子が悪い時にダラダラとやっているのとは何倍も違いが出るので、そういったところもメンタル面にはいいかなと思います。

その後、また調子が下降線になっても先行して進めていますから、自分の中で少しぐらいダラダラしてても大丈夫だなという安心感にもつながるので、調子の回復にも少なからず効果はある感じはします。

 

ただ、あくまでも一時的にメリハリをつけるためのカンフル剤。

生活が不規則になりがちになるので、このまま続けていると別のところから体調を崩しそうな感じがするので、それまで今の調子の波から抜け出せるようにしたい。(だがそのタイミングはもちろん自分にはわからないのが困ったところですが)

それに調子の波が半日~2日単位おきと比較的短いスパンだからこそ出来ることですからね。

 

このように、ちょっと行き詰った時は思い切って生活のリズムを変えてみるのは、一時的にでも刺激になっていい効果を生み出すものだなと思った今日この頃です。

 

しかし今のこの状況って、最近多いといわれる男性の更年期障害なのかなぁとも?うむむ。。。

 

このブログを気に入って頂けましたらFeedlyに追加して定期購読して頂けるとうれしいです!
follow us in feedly
スポンサーリンク