愛機E-M1が早期退院しました!やはり馴染んだ操作性が一番だと実感

愛機E-M1が早期退院しました!やはり馴染んだ操作性が一番だと実感

シャッターを切るとシャッター幕が下りたまま上がらなくなるという不具合を抱えた愛機E-M1。

12月17日に神田小川町にあるオリンパスサービスステーションに持ち込んで年明けとなる全治3週間程度を言い渡されたのですが、一昨日突然電話が入りが直りましたので営業日にいつでもお越しくださいと連絡が来ました。

スポンサーリンク  

連絡を頂いた翌日があいにくサービスステーションがお休みの日だったので、人と会う予定のない午前中に早速引き取りに行きました。

写真 2014-12-22 10 50 42

イベント目白押し、被写体いっぱいのこの時期に使えないのも…という事もいち早く引き取りに行った理由があるのですが、一番はE-M1が入院してからE-PL3に頑張ってもらったのですが、とにかく使っていてフラストレーションが溜まる!というのが理由。

そりゃそうだ!(笑)もとももE-PL3の操作性に不満があってE-M1を購入したわけですからね。

こうして代替機としてE-PL3を使ってみると改めてE-M1の操作性のありがたみを感じるなぁと。(E-PL3でAEロックのやり方を忘れたのは論外として…。)

これはどっちがいい悪いではなく、より写真を撮ることに専念できるOM-D(E-M1)シリーズと一眼を身近に気軽にお手軽に楽しめるPEN(E-PL3)シリーズとの思想の違いなのでね。

写真 2014-12-22 19 23 25

写真 2014-12-22 19 22 30

今の私にはテンポよく写真を撮るのにE-M1の操作性は譲れないところだなというのが改めて分かりました。

それとE-PL3では夜や室内での高感度撮影は画質的にちょっとキツいんです。ISO800でもE-M1のISO3200で撮影した時の画質並みですからね。やはりE-PL3を使っている間、夜は使う気になれませんでした(^^;;

 

さて引き取りに行ったE-M1はというと、シャッター関連の動作不具合が確認されたので、シャッター関連部品の交換。それと、各部の点検とセンサーのクリーニングもして頂けました。

ちょうど撮った写真にセンサーのゴミらしきモノが移っていたのでクリーニング出さねばと思っていたのである意味ちょうど良かった!?です。

 

ただ設定値が全てリセットされてしまったので、これからカスタマイズ作業に入ります…。(>_<)

 

このブログを気に入って頂けましたらFeedlyに追加して定期購読して頂けるとうれしいです!
follow us in feedly
スポンサーリンク