払ったお金をその場で記帳する習慣を身につけ、使途不明金をなくすようにしよう。

払ったお金をその場で記帳する習慣を身につけ、使途不明金をなくすようにしよう。

日々使ったお金を把握するために、事業で使ったお金や個人で使ったお金関係なしに毎日レシートをチェックして記帳するようにしています。

…なんてエラそうな事を言ってみたいところですが、現実は3日に一回とか、ヘタすると一週間に一回とかになることも。

さすがに一週間近くも溜め込んでしまうと、レシートも山のようになってみるだけでウンザリしてくる。そしてさらに処理する気がなくなってくる。という負のスパイラルに突入するため、なるべく日をおかずに処理しています。

スポンサーリンク  

事業的な支出は必ず領収書やレシートも貰うので問題はないのですが、個人的な買い物とかはレシートそのものが発生しない買い物やレシートを渡すと風習のない店での買い物も多いのが非常にやっかい。

ざっとレシート(領収書)が発生しない、もしくは貰えない可能性が高いケースを羅列すると、

  • 自動販売機での買い物(飲料、タバコなど)
  • 駅の売店での買い物
  • 飲み会や食事会で割り勘した時
  • イベント会場での出店
  • コンビニもしくは昔ながらの飲食店など

とまぁ他にも細かいのを上げるといくらでも出てくる感じです。

記帳していると分かるのですが、毎日何らかの形でこのレシートが残らない出費とうのが発生していて、月で集計すると普通に数万円とかになります。

普段から使っているお金を把握してるはずなのに、毎月のように把握している以上に財布の中身が少ないと嘆いている人はこの形に残らない出費を把握しておらず使途不明金となっているか、クレジットカードの支払を把握していない人のどちらか(もしくは両方)でしょう。

クレジットカードのほうについては今回は置いておきますが、この毎日のように発生する使途不明金をなくす方法はただ一つ。

使ったらその場で記帳する

これだけで、全て解決です。(笑)

そんなのあたりまえじゃねーかコノヤロー!と怒るかもしれませんが、いやいやこれが意外とやってみるとつい忘れがちになりますよ。

私も2ヶ月ぐらいかけてようやく習慣化できたくらい普段しなれないことを習慣化するというのは大変な事です。

でも実際その場でつけて見てわかるのが意外なほど多く見えないお金、その場で使って忘れてしまうお金が多いのだという事に気づかされますよ。

コンビニなんかでもレシートをよこさないで勝手に捨てようとするので『レシート下さい(。+・`ω・´)キリッ』って言うようにしていますが、それでもタイミング的に貰い忘れてしまう事があるので、その場でいそいそと記帳しています。

今は『Zaim』を初めとするスマートフォンで便利な家計簿ソフトがあるので、その場でポンポン入れてっています。

レシートなんかも読み取り機能があるのでとても便利。手帳とかに書いても結局また転記しなければならない手間を考えたらスマホの中で全て完結したほうがいいです。

レシートがあるモノは、取っておけば後日入力でもいいわけですから、使った証拠が残らないお金を支払った時点で記帳する。を徹底すればまずOKです。(お金の使い方を改善したいとと言う人は、

これらレシートのある出費もその日のうちに処理して、今日はなんでこれを買ったのか?つい無駄なものを買ってないかとかを毎日振り返るようにしたほうがよいでしょう)

毎月のように頭の中の勘定と財布の中身が合わなくてお嘆きの方。試しに一ヶ月でも続けてみることオススメします!自身のお金の使い方について改めて考えるきっかけになるかも!?

 

このブログを気に入って頂けましたらFeedlyに追加して定期購読して頂けるとうれしいです!
follow us in feedly
スポンサーリンク