Eye-FiがダイレクトモードでiPhoneに転送されなくなった。カードに溜め込み過ぎの問題!?

Eye-FiがダイレクトモードでiPhoneに転送されなくなった。カードに溜め込み過ぎの問題!?

最近、私が愛用しているミラーレス一眼 オリンパスPEN Lite E-PL3のWi-Fi機能付きSDカード『Eye-Fi Mobiカード』(以下、Eye-Fiカード)の調子が悪いです。

Eye-Fiカードの機能である『ダイレクトモード』という機能を使って、直接iPhoneからEye-Fiカードに接続して、撮った写真をiPhoneに取り込んでいたのですが、最後の一枚まで転送されずに接続が切れてしまうことがここ2~3週間ほど前ぐらいから続いてます。

スポンサーリンク  

正確なところをいうと途中で切れるというより、正常に転送は完了したよ!とアプリ側は言ってるのですが、実際表示されている画像は途中までのものなんですよね。

しかも、再度接続しにいっても、iPhoneからはEye-Fiカードを認識しなくなってしまいます。

Wi-Fi画面

数日後とか写真を撮った後に再度転送しようとするとその時は認識して転送が始まるのですが、最後まで転送されることはありません。やっかいなことにその認識するタイミングもよくわからないんですわー。

全てのデータが転送されないと意味が無いので、仕方なくPCにUSB経由で接続してRAWフォーマットと一緒に取り込んでいます。(mobiシリーズはJPEG形式だけ転送できるので、RAW形式は別途PCに接続して取り込む必要があります)

しかし、撮った写真をその場でSNSにアップしたりInstagramでごにょごにょ加工して遊んだり、DropBoxにその場で上げてブログの題材にしたりと、一度使い始めたら手放せないほど使い勝手がいいので、これが使えないとホント困るんですよ…。

Eye-Fiのサポートページや、ネット上でEye-Fiカードを使ってる人のトラブル事例なんかも調べて次の通りやってみたんですが、

  • カメラの省電力モードへ移行するまでの時間 1分⇒3分
  • カードを抜いてもう一度差してみる
  • バッテリーをフル充電したものに変える
  • 家の中のWi-FiからiPhoneを完全に外してEye-Fiカードのみと通信している状態にする。
  • カメラとiPhoneの距離を10cm程度の距離から通信する

どれもダメでした…。

うーんおかしいと思って、カメラの電源をつけたり消したりしたんですが、液晶を見てみると下の写真の赤丸が付いているところがEye-Fiのステータス。オレンジのSDカードのマークで2回ほど点滅して消えます。

Eye-Fiステータスがオレンジの点滅

このあと、未転送のデータがあれば緑色のマークの点滅に変わるんですが、何も表示されないんですよね。

バッテリーを消費して残り残量が少なくなる表示に変わると、カメラが自動的に消費電力を抑えようとして、Eye-Fiに接続して転送することができなくなるんですが、その時と現象が似てんるんすよ。

そうなると何らかの理由で、Wi-Fiに電源供給できない要因があるハズ。ということで、PCにメディアを差して中身を見てみることに。

PCにEye-Fiカードを差す

エクスプローラーから見ると、いつの間にか2000個を超える画像ファイルが…ざっと12GBほど。
カードの容量は32GBあるのでまだ余裕なのですが、取り込んだ後も消さずにしばらく溜め込んでおいたのでいつの間にかこんな数になってました。

エクスプローラーからEye-Fiカードの中身

もしかしたらこのファイルが増えたことで、アクセスに時間が掛かったり電力を消費しているの可能性もあるかもしれないので、ファイルを半分ほど削除しました。

そして、再度カメラにカードを差込み電源を入れてみると…

緑色のマークの点滅

おおっ!緑色のマークの点滅が…

iPhoneからもEye-Fiカードに接続できました!

Wi-Fiから接続した表示

画像も無事最後まで転送できました。

Eye-Fiアプリ転送画面

なんどか撮っては取り込みを繰り返しましたが、今のところ正常に動作しています。

とは言っても、コレが原因と断定するのはまだ早いので同じような状況を作り出して、再現するか様子を見たいと思います。

事象が確認できた時点で、サポートにも一度問い合わせようと思います。

 

このブログを気に入って頂けましたらFeedlyに追加して定期購読して頂けるとうれしいです!
follow us in feedly
スポンサーリンク