30,000人の写真展 2014に行ってきました! 東京開催は明日7/23までです

30,000人の写真展 2014に行ってきました! 東京開催は明日7/23までです

日本最大級の参加型写真展 30,000人の写真展 20147月18日より開催しています。(入場は無料です

私も行こうと思ってましたが、3連休中完全に失念していました。ちゃんとタスクやリマインダーに入れとかないとイカんですね!

この写真展は9月7日まで、メイン会場7会場、サテライト会場22会場の計29会場で開催されますが、東京開催は明日の7/23で終了となります。

スポンサーリンク  

てなわけで、会場となる六本木東京ミッドタウンまで足を運んできました。

田舎モノの私には、やはり六本木はかなりアウエー。あちこち聞きなれない国の言葉が聞こえて怖いっす。とりあえず、駅から直結のミッドタウンが会場でよかったなと。

会場についたのは18時近く。19時までなので1時間程度しかない。

ミッドタウン内に3会場使っての開催ですが、結局フジフィルムスクエアのある第1会場を見て時間切れとなりました。

東京ミッドタウン

フジフィルムスクエア

肖像権、著作権の関係で展示会場の撮影は、本人が撮った写真の記念撮影以外は禁止となっているので、中の様子は撮れませんでした。

会場は都道府県別のさらに名前の50音順に並べて作品が展示されています。さすがにこれだけの数が展示されていると1時間なんてあっという間!もう少し時間に余裕を持ってくればよかったと後悔。

アマチュア写真の展示なので、手軽に撮ったような写真からプロ並の写真までバラエティーに富んでいて見てて飽きないです。プロの洗練された写真展とは違った視点で見れますね。

あぁ、これはもうちょっとこうした方がずっと良くなるのになぁ~とか、エラそうに評価したり(心の中でね)、どうやったらこんな写真撮れるんだろう?というような写真もあり、こうして人の写真を見て評価するというのも自分にとってもいい学びになりますしね。

プロの写真展だとただただ圧倒されて終わりですからね。

でも写真の出来栄えは荒削りなモノ洗練されたモノ関係なしに、撮る視点や感性はホント人それぞれ違うのだなと。

どれが優れているとか劣っているとかではないんですよね。どれも人それぞれの個性や感性や表現があって、それはどれも正しく認めていいモノなんだなと。

ふと、写真の魅力って何なんだろう?って最近良く考える事が多いんですが、つまりそういうことなのかな?とこの1時間足らずの写真展を通して何となく腑に落ちた感じがします。

ちなみにこの30,000人の写真展 2014ですが、『絆ポスト』というのがあって、展示された写真の中で気に入ったのがあれば、その写真の出展者にメッセージを送ることができます。

30,000人の写真展パンフとメッセージカード

会場に用意されている用紙に写真の番号とメッセージを書いて、会場内にあるポストに投函するだけ。気に入ったのが複数あればその数分メッセージを送ることができます。

私もいくつか印象に残った写真がありましたが、あえて一点だけ選んでメッセージを添えさせて頂きました。

 

あいにく東京開催は明日を残すのみですが、他の主要都市やサテライトではこれからの開催となるので、興味を持たれた方は近くの会場に行かれてはいかがでしょう。

写真愛好家にはもちろんオススメですが、ちょうど学校が夏休み中の間に開催しているので、家族連れやグループで来るのもいいのではないかと思います。

より詳しい開催内容は、『日本最大級の参加型写真展“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展 2014』HPをご覧になってください。

「日本最大級の参加型写真展“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展 2014」

このブログを気に入って頂けましたらFeedlyに追加して定期購読して頂けるとうれしいです!
follow us in feedly
スポンサーリンク